Dead by Daylight

【DBD】猫が外せない人が続出。「凍りつく背筋」の強い使い方とは?

とろろくん
とろろくん
猫って何?
猫って強いの?
猫が外せないって人はなぜ?
猫の魅力が知りたい。
猫の使い方を知りたい。

そんなアナタのためにDead by Daylightの
「凍りつく背筋(愛称:猫)」ついて
徹底解説していきます。

「猫なんて、いらないよ」
そんなアナタも、ぜひご覧ください。

  • DBDにホラー感が無くなる!
  • チェイスしやすくなる!
  • 隠密の精度が増す!
  • vs「予感」アナタはどっち派?

凍りつく背筋(猫)の効果・詳細

猫
凍りつく背筋(猫)効果

殺人鬼が36メートル以内で、かつ自分の方向をまっすぐ見ていると、このパークが光り発動する。

パーク発動中はスキルチェックの発生確率が10%上昇し、スキルチェックの成功範囲が10%減少する。

パーク発動中は、修理・治療・破壊工作の速度が【2/4/6】%上昇する。

パークレベルに関係なく36m以内のキラーの視線を探知できます。

「猫」とは?

猫

凍りつく背筋のパークアイコンに猫が描かれていることから、プレイヤーから「猫」の愛称で呼ばれています。

凍りつく背筋(猫)の取得・入手方法

共通パークです。
よってキャラのティーチャブルパーク解放の必要なく、誰でも最初から入手できます。

パークの入手方法

キャラを選択後、ブラッドウェブを進めていくことでパークを徐々に入手することが出来ます。

出現するパークはランダムで、BP(ブラッドポイント)を消費してパークやアイテムなどを取得できます。

凍りつく背筋(猫)の使い方

凍りつく背筋(猫)の使い方

より正確な隠密を実現

パークによって、キラーの接近に早く気付けます。

パークアイコンが点灯したら隠れる準備をしましょう。

足跡を残さず隠れることで、自分が居た証拠が無いのでキラーの警戒から回避することができます。

走って足跡を残してしまうと、その近辺をくまなく捜索されてしまうので見つかる危険が高まります。

相性の良いパーク
  • 執着心(ナンシー)
  • 都会の逃走術(ネア)

【DBD】サバイバー全パーク一覧・まとめ|最新情報を更新中

チェイス中のキラーの動きが分かる

チェイス中、

  • いま自分が追われているのか
  • 自分を追うのを諦めたのか

後ろを振り向くことなく確認できます

チェイス中に凍りつく背筋(猫)が点灯し続けていれば追われている

チェイス中にしばらく凍りつく背筋(猫)が点灯し無くなれば撒けた・追われていない

これはチェイスが苦手な方は、ぜひオススメしたい使い方です。

しっかり前を見ながら走ることが出来るので「後ろを向いたから、つまづいた」ということを防ぐことが出来ます。

Q:サバイバーが忘却状態でもパークは反応する?

A:反応・発動します。

忘却状態にさせられるパーク:
天誅、呪術:報復、デスバウンドなど

忘却状態とは?

サバイバーに付与される状態異常。忘却状態の生存者は、殺人鬼の脅威範囲による心音が聞こえなくなります。

Q:キラーが探知不可でもパークは反応する?

A:反応・発動します。

こっそり近づいてくるキラーを探知することが可能です。

探知不可になれるキラー:
レイス、ゴーストフェイス、ピッグ、シェイプなど

探知不可になれるパーク:
ガラクタいじり、狡猾、猛獣、闇の信仰心、煩悶のトレイルなど

【DBD】キラー全パーク一覧・まとめ|最新情報を更新中

以上のキラーやパーク効果による探知不可状態でも凍りつく背筋(猫)は反応します。

探知不可とは?

キラーに付与される状態。

探知不可中の殺人鬼は、脅威範囲が0m(心音が無くなる)。

そして、殺人鬼の目の前の赤い光(ステイン)も消える。

パーク「予感」と比較

パーク「予感」と比較

予感と凍りつく背筋(猫)は、キラーを探知する範囲は同じです。

しかし、大きく違う点は以下の点です。

予感 凍りつく背筋(猫)
パーク発動のクールダウン 【60/45/30】秒 ナシ
キラー位置の特定 大まかに可能 ほとんど不可

予感は
キラーが近づいてくる方向がある程度分かるので逃げやすく隠れやすいです。

しかし、予感が発動する度にクールダウンが発生するので「発動して欲しい時に使えない」という場面が起きます。

凍りつく背筋(猫)は
パーク発動にはクールダウンが無いがキラーの位置は特定できません。

よって、周囲を注意深く観察して行動しなければキラーに接近されてしまうという事態が起きてしまいます。

予感と凍りつく背筋(猫)は、どちらも一長一短です。

各プレイヤーの好みで選びましょう。

しかし、唯一「凍りつく背筋(猫)」にしかない利点を挙げるとすれば、
「チェイス中、自分が追われているか後ろを見なくても分かる」ことです。

アナタは、どっち派ですか?

私は、凍りつく背筋(猫)です。
理由はクールダウンが嫌だから。

他パークとの組み合わせについて

逆境魂(共通パーク)

自分が負傷していて、凍りつく背筋(猫)が反応している間は、

修理・治療・破壊工作の速度が15%上昇する構成。
(どちらもパークレベル3の場合

文章で見ると「強いかも?」と思いますが、現実的には実現しにくいです。

理由は、負傷状態はダウンにさせられる危険性が高く、凍りつく背筋(猫)が反応している=「キラーが近づいている」ので逃げる動きをする必要があります。

よって、作業している余裕がないので、逆境魂×凍りつく背筋(猫)は難しいです。

逆境魂

自分が負傷している時、
修理・破壊工作・フック救助・乗り越え・治療・ゲート開放・チェスト調査の速度が【3/6/9】%上昇する。

手札公開(エース)

手札公開で凍りつく背筋(猫)の反応範囲を拡大することはできません。

手札公開とは、「オーラ表示できる範囲を広げる」という効果です。

よって、凍りつく背筋(猫)の効果とは異なります。

凍りつく背筋(猫)を強化するために手札公開を使用することはできませんので注意しましょう。

手札公開(エース)

自分と他の生存者全員のパーク効果などによるオーラ可視能力の有効距離が【4/6/8】m上昇する。

猫が外せなくなる人、多数

猫が外せなくなる人、多数

一度使ってみると、凍りつく背筋(猫)を外せなくなります。

理由は隠密系の殺人鬼が怖くなくなるからです。

凍りつく背筋(猫)を付ければホラーゲームでは無くなるほどの効果があります。

ゴーストフェイスにいきなり襲われるなんてことも回避しやすくなります。

ホラー系が苦手だけどDBDをプレイしたい方は「凍りつく背筋(猫)」が超オススメです。