ゲーム

庶民ゲーマーの私が愛用しているコスパ最強1万円ヘッドセットを紹介

とろろくん
とろろくん
激安中国製ヘッドセットを卒業したい。
安くて高品質なヘッドセットが欲しい。
良質ヘッドセットの探し方を知りたい。

そんなアナタのために本記事を書きました。

どうも、ゲーム大好きとろろと申します。
私が半年以上愛用し、
これからも愛用し続けたいヘッドセットが1つあります。

このヘッドセットのおかげで、
ゲームの成績が良くなり
音楽鑑賞もより一層たのしくなりました。

そんなヘッドセットは約1万円で購入可能です。
「ゼンハイザーGSP300」
「どのヘッドセットを買うか迷っている」
「ヘッドセットの種類多すぎて訳分らん」

そんなアナタは、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

  • 約1万円で2万円以上の高級ヘッドセット級の性能が手に入る
  • 超ガジェットマスターお墨付きの1品
  • 有線でマイク・音量調節などの機能がシンプルで使いやすい
  • FPSゲームなどで繊細な音を聞き逃すこと無くなります
  • メガネ着用の方にはオススメできない密閉型

庶民ゲーマーの私が愛用しているコスパ最強1万円ヘッドセットを紹介

本記事の内容
  1. 新しいヘッドセットを買うきっかけ「激安ヘッドセットの破損」
  2. 新ヘッドセット購入前になにか不安はあったか?
  3. 購入前にどの商品を比較したか「良商品3つで悩みました。」
  4. ゼンハイザーGSP300に決めたきっかけ「信頼できる1つの動画」
  5. 実際に使ってみてどうだった?「バカ正直な感想をすべて公開」

先にサクッと私が購入した商品を紹介しておきますね。

「ゼンハイザーGSP300」
半年以上使ってみた感想も本記事でじっくり解説しますので是非ご覧ください。

値段は変動するので紹介しづらいですが、
9000~12000円で買えます。

Amazon限定で色違いも選べます。

新しいヘッドセットを買うきっかけ「激安ヘッドセットの破損」

新しいヘッドセットを買うきっかけ「激安ヘッドセットの破損」

大学生時代にPS4を購入した際に「とりあえず安くていいからヘッドセットが欲しい」と買ったものを5年使用しました

その結果、コード断線をしてしまいそうな程になりました。

結構長持ちした方ですけどね。

よって、「そろそろ買い替えるか」と思い立ち新たなヘッドセットの購入を決めました。

断線しそうになるまで使っていたヘッドセットは、2000円台でアマゾンで購入し大切に使いました。↓

買い替えるならいっそのこと値段をグレードアップしようと思い、約1万円で買えるようなヘッドセットにしようと思いました。

「長く使うなら少しでも高品質、でも安価で」というヘッドセット探しがスタートします。

新ヘッドセット購入前になにか不安はあったか?

新ヘッドセット購入前になにか不安はあったか?

私がヘッドセット選びで吟味した点をザッと紹介しますね。

ここは読み流してOKです。
私と同じ悩みの方がいれば参考にしてみてください。

わたしの不安一覧。笑

  1. 私の頭が非常に大きい。
  2. ゲーム実況に興味が少しあったため、将来のことを見据えた性能があるか
  3. 細部のゲーム音がしっかり聞こえるか
  4. 搭載されている機能は便利か
  5. 約1万円で購入できる最大限の高品質ヘッドセットはどれか

不安1:私の頭が非常に大きい。

  • 長時間のゲームでの着用で頭・耳が痛くならないか
  • コードが丈夫か
  • 総重量が重すぎないか など

首や肩への負担も気にしました。
身体、大事。

不安2:ゲーム実況に興味が少しあったため、将来のことを見据えた性能があるか

  • 別途にマイクを購入する必要がないほどの質か
  • マイクがコントローラーカチャカチャ音などの環境音・生活音を拾いすぎないか

安いマイクだと、余計な音まで拾ってしまい自分の声が聞こえにくいことがあります。

これが解消されているマイクであれば、友達とのボイスチャットも快適になります。

また、ゲーム実況などでも使用出来たら最高です。

不安3:細部のゲーム音がしっかり聞こえるか

  • ゲーム内の音をどこまで詳細に鮮明に聞こえるのか
  • 周りの環境音をどれほどシャットアウトしてくれるか
  • ゲーム作品への没入感はあるか

高音が聞こえる、低音が聞こえる…
そういった詳しいことは専門外のわたしは「とにかく良い音」というザックリした理想がありました。

FPSゲームをやっている方なら共感してもらえると思いますが、
「敵の足音が聞こえる」
「足音がどの方向から聞こえるか分かる」
こういった音が聞こえるだけでプレイしやすくなりますよね。

不安4:搭載されている機能は便利か

ヘッドホン自体の機能で

  • ヘッドホンでマイクのオン・オフ切り替えができるか
  • ヘッドホンで音量調節はできるのか
  • ゲーム機(PS4など)にそもそも対応しているのか

ヘッドセットに搭載されている機能は使いやすいかを意外と気にしました。

「PCに繋いで一旦ヘッドセットを設定して…」
という高性能ヘッドセットがあるようなので「それはめんどいわ」と私は思いました。

シンプルなものが欲しかった。

不安5:約1万円で購入できる最大限の高品質ヘッドセットはどれか

  • 約1万円で高品質なヘッドセットはどれか
  • 高級ヘッドセットに負けないくらいの品質か

私にとって、
これが一番重要なポイントでした。

とにかく値段が大事。
アナタもそうでしょう。
「予算の範囲内で、できるだけ高機能なものが欲しい。」

新ヘッドセット購入前にどの商品を比較したか「良商品3つで悩みました。」

新ヘッドセット購入前にどの商品を比較したか「良商品3つで悩みました。」

1万円以下でも高品質なヘッドセットが沢山あること、調べれば調べるほど分かりました。

そのなかで、私が購入したゼンハイザーGSP300以外に、以下の2商品と迷いました。

1万円以下でビックリするほどの高性能なものです。

私のヘッドセットの比較方法・調べ方

私のヘッドセット比較方法は、YouTubeのヘッドセットレビューや比較動画を見まくりました。

本当に再生回数が少ない動画も片っ端から見ました。

ヘッドセットに詳しい友達にオススメを聞くような感覚で、ヘッドセットに詳しい動画に頼りました。

特に私が参考にした動画

  1. 「超猫拳」さん
  2. 「さっさん」さん

このお二人の動画です。

超猫拳さんは、
ガジェットに詳しい方で私が数年前から好きな方です。

この方はヘッドセットを数えきれないほどのレビュー・比較を行っている方で、様々な価格帯のものも熟知している方なので参考になりました。

もう1人の方「さっさん」さん
ヘッドセットの性能比較の情報がどれも分かりやすく、ヘッドセットのことが詳しくない私でも理解できる動画で参考になりました。

ゼンハイザーGSP300に決めたきっかけ「信頼できる1つの動画」

超猫拳さんのこの動画

高価なヘッドセットを数々持っている方が、割と安価で値段以上の高性能なヘッドセットだという意見グサッとわたしの心を射止めました。

しかし、そもそも生産量が少ないのか・古い商品だからなのか・人気商品だからなのか品薄でした。

アマゾンでも在庫が無りませんでした。
しかし、アマゾンの商品ページを毎日チェックしていると突然在庫が復活していて即購入しました。

同商品の色違いの選び方「人に見せるものではない」

色違いが3つあります。

  • 黒×青「スタンダードな色」(GSP300)
  • 黒一色(GSP302)
  • 白一色(GSP301)

黒一色と白一色は、スタンダードな色より約2000円値段が高いデザインです。

私は「誰かに見せるものじゃないから黒×青で安く買おう」と決断しました。

【Amazon.co.jp 限定】 ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット 密閉型/ノイズキャンセルマイク GSP 301 【国内正規品】 ホワイト 

実際に使ってみてどうだった?「バカ正直な感想をすべて公開」

頭のでかい私には装着疲れアリ

正直に言います。
私のように頭の大きい人には「少し、小さい」です。

サイズ最大限にヘッドセットを使って、やっと「これなら何とか許容範囲かな」というレベルでした。

私の頭は本当に大きくて帽子屋さんに行ってもほとんどの帽子をサイズ最大に広げないとかぶれないほどです。

ヘッドセットの横でサイズをカチカチと広げて最大にすれば、まだ使えていますが長時間の着用は辛いです。

とは言っても2、3時間くらいは平気で付けられます。

両耳からの締め付け具合も強すぎないので、耳が疲れることもないです。

耳を覆うイヤーパッドもフカフカで柔らかいです。

イヤーパッドは耳全体を覆う密閉型なので、メガネを着けたままの使用は絶対オススメしません。

私は幸い目が悪くないのでメガネの使用はないですが、ブルーライトカットのメガネをしたまま装着した際、耳の横がメガネに当たって痛かったです。

ヘッドセットの重さには慣れる!けど少し重い

ヘッドセットの重さは、使い始め当初は「重いな」と思っていました。

ですが次第に使い続けると、重さにも慣れて肩こりをそこまで発生しませんでした。

しかし、長時間の着用はさすがに肩こりがしそうなのでゲームイヤホンを使ったりして工夫しています。

ゼンハイザーGSP300の頭頂部のフカフカは、正直まぁまぁです。

頭が大きい私は、頭頂部フカフカにかなりキツくぶつかるため痛くなることがあります。

しかし、頭がバカでかい私で少し痛いくらいなので、ほとんどの方は全然痛くなることなく快適なフカフカです。

何より、激安ヘッドセットに比べたら段違いの品質なので超十分です。

私が使ってるイヤホンは安くて、マイクもついているものです。
値段の割に、それなりの性能。

色違いの選び方、私は大正解

スタンダードな黒×青は正解。
私の場合は。
黒×青で全然文句なしでした。

ザ・ゲーム用ヘッドセットな色合いですが、ゲーム以外での使用用途が特に無かったので問題ありません。

リモートワークの機会が増え「仕事でも使いたいよ」という方は、白または黒一色のヘッドセットだとスタイリッシュでカッコいいです。

これが1万円?高品質なマイクに驚き

友達とゲーム内チャットをしたところ
「めっちゃ声聞きやすいよ」
「環境音も前のヘッドセットより全然聞こえない」とのことでした。

自分でも確認してみても十分ゲーム実況動画でも使える程、良い音質でした。

もっとマイクの音質を改善するなら別途にマイク購入すべきですが、実況動画の初期費用を抑えたい方はこのヘッドセットで絶対十分です。

聞こえにくい音がしっかり聞こえる臨場感と立体感に感動

ヘッドセットから聞こえる音は、抜群に良いです。

何が良いか、それは…
ゲーム内の小さな音、例えば草が揺れる音・誰かの足音などを聞き逃すことが無くなりました。

そして、音が聞こえてくる方向をしっかり分かるので、FPSなどのオンラインゲームをする私はゲームの成績が少し良くなりました。

また、ゲームへの没入感もかなりありました。

「ファイナルファンタジー7リメイク」をやった時は感動するほどの音迫力でした。

また、音楽への没入感も素晴らしいです。

低音がしっかり聞こえるのでドラムやベースの音がしっかり伝わり、迫力ある音楽を楽しめました。

ライブ映像も見ましたが「私は今、コンサート会場にいるのか?」と錯覚する程良かったです。

音楽好きにもオススメできます。
ちなみに私も音楽好きでGLAY・乃木坂46・ハイスタのライブDVDを見ました。

ヘッドセットのイヤーパッドが密閉型なので、周りの環境音・生活音がバッチリ遮られていました。

家の横を車が通る音も聞こえなくなるはず。
インターホンの音には気を付けましょうね。

シンプルな作りだから使いやすいマイクON・OFF

  • マイクを口元に降ろす:マイクON
  • マイクを耳元に上げる:マイクOFF

これがなんとまぁ快適です。

友人とゲーム中にマイクをミュートしたい時はサッと切り替えられるのでラクです。

私が以前使っていた激安中国製ヘッドセットはマイクのミュートボタンがコードの途中についていたので、ボタンを探してマイクOFFにするという手間がありました。

些細で小さな手間ですがこれが無くなるだけで「こんなにラクなのか!」と今でも驚きながら使っています。

コードの丈夫さも文句なし。ワイヤレスにしてみたい方へ

コードの丈夫さも問題なさそうです。

半年以上、毎日使っていますが破損しそうな気配は全くないです。

今後も断線の危険性はなさそうです。

しかし、私も断線に注意しながら扱っていますので、乱暴な扱い方をすれば断線もあり得ます。

購入された方はヘッドセットのコードを大事に扱ってあげてくださいね。

コードが約2mで、ゲームのコントローラーなどに接続した時には長すぎる場合があります。

しかし、付属しているマジックテープのコード縛りで余分なコードをまとめられるので問題ないです。

「有線か無線か迷っている」
「有線が邪魔だ」と思う方は、ワイヤレスヘッドセットにしてみるのも手です。

その際は、ゲーム機やPCに対応しているかを必ずチェックしておきましょう。

ちなみに私も以下のワイヤレス商品も悩みました。

ぜひ検討してみてください。

これ↓、ワイヤレスの中でコスパ最強&高性能です。

庶民ゲーマーはコレで「快適ゲームライフ」確定

庶民ゲーマーはコレで快適ゲームライフ確定

もちろん、高級なヘッドセットは他にウジャウジャあります。

しかし、高いものは高性能すぎて素人には理解できない領域です。

高性能ヘッドセットはプロゲーマーなど「プロ」が使うべき代物です。

私のような一般人が快適にゲームするレベルなら1万円で大満足できます

それが今回紹介したゼンハイザーGSP300です。