SDGsを知って節約 PR

冷凍した生ごみはゴミ出し後にとても迷惑。近隣悪臭と地球環境の悪化

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

初めまして、こんにちは。

とろろ(Twitter:@tor0roblog)です。

皆さんは、生ごみの保管方法について、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 生ごみを冷凍してゴミ出ししても良い?
  • 冷凍生ごみは誰かの迷惑になっちゃうかな?
  • 結局、生ごみを冷凍して保管するのはアリ?ナシ?

大学で環境問題を専攻し、ゴミ問題に詳しい私が断言します。※自炊もしています。

生ごみを冷凍するデメリット:結論
  1. 生ごみを冷凍してゴミ出しするのはオススメできない
  2. 自分だけじゃなく他人や環境にも負担や迷惑がかかる
  3. 生ごみを冷凍するべき人は限られている

そこで今回は、
冷凍保管した生ごみがゴミ出し後に与える影響について解説していきます。

本記事を参考にすると、生ごみを冷凍保管することをやめた方が良いと判断ができますし、これから冷凍保管しようとしている方の判断材料にもできますよ。

【公式サイト限定10,000円OFFクーポンあり】生ごみ処理機Loofenについて確認する

※1万円クーポンの終了日は未定なので注意してください。

生ごみを冷凍するってどういうこと?カンタン解説

生ごみを冷凍するってどういうこと?カンタン解説

まず「生ごみを冷凍するってなんスカ?どういう意味?」という方にカンタンに解説しておきます。

生ごみを冷凍することで、生ごみから発する臭い抑える効果があります。

生ごみの臭いにおいの原因は、生ごみに含まれる水分が臭いと一緒に蒸発することです。

よって、生ごみを冷凍して水分蒸発を止めれば臭わないというアイデア対策です。

具体的な冷凍方法は、以下の通り。

  1. 生ごみの水分を出来るだけ絞る
  2. 絞った生ごみをビニール袋で密閉
  3. 冷凍庫に入れて冷凍
  4. 捨てる時は取り出してそのままゴミ捨てへ

家の中で厄介者だった生ごみの臭いが、たったこれだけの作業だけ解消できるなら嬉しいですよね。

しかし、冷凍した生ごみゴミ出しする際注意すべきポイントがあります。本記事で詳しく解説していきますね。

たった今、生ごみを冷凍している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

冷凍した生ごみはゴミ出し後で多大な迷惑がかかる

冷凍した生ごみはゴミ出し後で多大な迷惑がかかる

それでは、冷凍保管した生ごみが”ゴミ出し後に”与える影響を解説していきます。

  1. ゴミ出し場への負担と迷惑
  2. ゴミ収集してくれる人への迷惑
  3. ゴミ処理場と地球環境への負担と迷惑

1つずつ見ていきましょう。

前提として

今回解説する状況を整理しておきます。

  • 生ごみの臭いが嫌だから冷凍保管した
  • 臭いが嫌だから解凍せずに、生ごみが凍ったままゴミ捨て場に捨てた

以上の状況の時にもたらす影響についての解説となります。

①ゴミ出し場への負担と迷惑

解凍されていない生ごみは、ゴミ出し場汚染してしまいます

ゴミ出し場で自然解凍されていく生ごみは、徐々に悪臭が出て水分も滴り始めます。

大体のゴミ捨て場は近隣住人と一緒に使うものです。

そんな共有物がアナタの解凍していく生ごみによって、汚してしまいます

臭くなったゴミ捨て場には、おそらく近隣住民である人もゴミを出しに来るでしょう。

「くさっ」と苦い顔をしながら捨てている近隣住民がいると思うと罪悪感がありませんか?

もし冷凍生ごみを出しているのがアナタだと特定されたら…どうでしょう。

対策方法があります

ゴミ回収車などが回収に来る時間の直前に、冷凍生ごみを出しましょう。

こうすることで自然解凍による影響は軽減できますし、近隣住民への嫌な視線も回避できるでしょう。

回収時間を見計らって毎回ゴミを出せるのであればの話ですが。

②ゴミ収集してくれる人への迷惑

これも近隣住民への迷惑と同様。

ゴミを回収してくれる方への迷惑になります。

悪臭には耐性がある方とはいえ、そんな方々負担を増やしはいけません

我々がやりたくないことを代わりに頑張ってくれているんですから。

冷凍したままの生ごみを出す行為は、ゴミ回収してくれる方への配慮が足りないと言えるでしょう。

対策方法があります

ゴミ回収車などが回収に来る時間の直前に、冷凍生ごみを出しましょう。(2度目)

こうすることで自然解凍による影響は軽減できますし、ゴミ回収の方への負担も増やさずに済むでしょう。

回収時間を見計らって毎回ゴミを出せるのであればの話ですが。(2度目)

③ゴミ処理場と地球環境への負担と迷惑

最後にゴミ処理場地球への負担について解説します。

規模が大きい話になってきますが、冷凍生ごみによる影響は大きいので心してご覧ください。

冷凍した生ゴミは焼却に時間がかかり二酸化炭素の排出量増えてしまいます

冷凍した生ごみには水分が多く含まれているので、燃やし尽くすまでに時間がかかってしまいます。

そして、生ごみを長時間燃やすということは、それだけの燃料消費と大気汚染が発生します。

一家庭の冷凍生ごみで、そんなに影響しないでしょ?」と思われる方も多いでしょう。

そもそも水分を多く含んだ食べ残した常温のトマトやキュウリなどを燃やすことだって大変なんですから、冷たい生ごみを燃やすのは大変に決まっています。

冷凍生ごみで迷惑をかけない人の特徴【ゴミ出し後】

冷凍生ごみで迷惑をかけない人の特徴【ゴミ出し後】

それでは「冷凍生ごみは完全な悪なのか」と聞かれると、そうではないです。

実は生ごみを冷凍して保管して、ゴミ出し後も迷惑をかけにくい人が居ます。

それは「そもそも生ごみが多く出ないご家庭の方」です。

外食が多いコンビニ弁当お取り寄せでも食べ残さない、そんな方は生ごみも少ないでしょう。

ゴミ出しで出す冷凍生ごみの量がそもそも少なければ、ゴミ出し場や焼却炉への影響も小さくなりますよね。

結論として「生ごみが少ない方は、むしろ冷凍保管が賢い」ということです。

冷凍した生ごみは自己中心的な結末に【他人へ迷惑】

冷凍した生ごみは自己中心的な結末に【他人へ迷惑】

テレワークなどの在宅勤務が増える中、自宅で出る生ごみの量も増えてきた方も多いでしょう。

そんなご家庭で出てた大量の生ごみを冷凍したままゴミ出しに出してしまうと、近隣住民から地球にまで迷惑が掛かってしまいます

近隣住民に嫌な顔をされたくないですよね。

できればご近所トラブルを避けて穏便で平和に暮らしたいものです。

SDGsが推奨される昨今で、温暖化を加速させる行為に罪悪感はありませんか。

ガソリン車の乗車を我慢して(二酸化炭素の排出削減)自転車に乗っているのに、冷凍生ごみで二酸化炭素を余計に出す。まさに元も子もない。

ゴミ出し後に生ごみが誰にも迷惑をかけない方法

ゴミ出し後に生ごみが誰にも迷惑をかけない方法

「じゃあ私たちは生ごみの臭いを受け入れるしかないのか!」

いいえ。

生ごみのご家庭内の嫌な臭いゴミ出し後の悪影響完全に打破できる方法1つだけあります。

それは「家庭用の生ごみ処理機を使うこと」です。

家庭用の生ごみ処理機とは、生ごみをパリパリに乾燥させたり、微生物分解することで臭い捨てる手間大幅に省けるという家電です。

生ごみ処理機であれば、冷凍した生ごみのゴミ出し後の悪影響を全て回避できちゃいますよ。

冷凍保管した生ごみが”ゴミ出し後に”与える影響3つ
→生ごみ処理機なら、こうなります。

  1. ゴミ出し場への負担と迷惑
    →そもそも生ごみが臭わない状態になっている
  2. ゴミ収集してくれる人への迷惑
    →生ごみは臭わないし、水分が無く体積も減って軽い
  3. ゴミ処理場と地球環境への負担と迷惑
    →水分が無い生ごみだから燃えやすい

生ごみ処理機が、生ごみを乾燥するタイプなら↑の通りになります。

微生物に分解させるタイプなら、そもそも生ごみがほぼ消滅するので、生ごみのゴミ出しという概念が生活から消えるでしょう。

ほぼ全機種を知っている私が厳選する生ごみ処理機3点

ここでは、生ごみ処理機をほぼ知り尽くした私(自称)が厳選した「オススメの生ごみ処理機3選」を紹介します。

  1. 大量投入&投入頻度が多いなら
    → NAXLU(ナクスル)
  2. オシャレで衛生的で使いやすい
    → Loofen(ルーフェン)
  3. 小さくて強力で安い
    → パリパリキューブ / パリパリキュー

値段が高い順紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①大量投入&投入頻度が多いなら:NAXLU(ナクスル)

【ナクスル】は、バイオ式に乾燥式のシステムを追加したハイブリット式

※バイオ式は、生ごみを微生物の含んだ土で分解する処理方法。

※乾燥式は、生ごみを温風で乾燥させてポテチ状態にする処理方法。

助成金対象
希望小売価格 139,700 円(税込)
生ゴミ処理機ナクスル公式販売ページだと送料無料で112,000円(税込)

デメリットサイズがデカい価格が高い

小さめの洗濯機くらいのサイズなので置き場所に困ったり、約10万円の購入費用がかかるのはキツイ。

一方でメリットは、以下の通り。

  • 室内に置ける
  • 静音タイプ&節電設計
  • 中身の取り換えの手間が無い
  • 乾燥式でもあり脱臭能力が高い
  • 前の生ごみ処理を待たずに捨てられる

基本は土を混ぜ混ぜして処理するので、騒音が出にくいのが特徴です。ご近所トラブルも回避しやすい。

②オシャレで衛生的で使いやすい:Loofen(ルーフェン)

『Loofen』は、生ごみを温風で乾燥させて処理するタイプ。

商品特徴とオススメポイント
  • 部屋になじみやすいデザインと配色(4色)
  • 値段は中価格帯:税込76,780円
  • ホームベーカリーぐらいの大きすぎないサイズ感
  • 前の生ごみ処理を待たずにゴミ箱感覚でポイポイ投入できる
  • 助成金制度の対象商品
  • 静音で夜中に眠りの妨げや近所迷惑も回避
  • 小さいお子さんでも扱えるほど難しい操作が要らない

大きすぎず、シンプルなデザインなのが私が好きな所

この生ごみ処理機なら、ゴミ箱感も無くなってキッチンもスタイリッシュになりますよね。

【公式サイト限定10,000円OFFクーポンあり】Loofenについてもっと詳しく確認する

※1万円クーポンの終了日は未定なので注意してください。

③小さくて強力で安い:パリパリキューブ/パリパリキュー

パリパリキューブは、処理時間がかかりますが電気代も比較的安く、静音で可愛いデザインなのが特徴です。

メーカー希望小売価格
パリパリキューブ(1~3人用):30,360円(税込)
パリパリキュー(1~5人用):49,500円(税込)
助成金対象

購入者の多くが「意外と大きかった」という声があります。

もっとパリパリキューブの口コミメリットデメリットを知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ:冷凍生ごみのゴミ出し後の迷惑は回避したい

まとめ:冷凍生ごみのゴミ出し後の迷惑は回避したい
生ごみを冷凍するデメリット:結論
  1. 生ごみ冷凍は賢いけどデメリットだらけ
  2. メリットも少ないので生ごみ冷凍は勧めない
  3. 生ごみをもっと賢く保管し捨てやすくする方法がある

普段から生ごみの量が多い方は、注意した方が良いです。

自分の知らない間に、誰かの迷惑になっている可能性がありますから。

これから生ごみを冷凍保管してみようかと考えていた方は、考え直すことも必要です。

生ごみ処理機なら、生ごみの悩みほぼ解消できることも知っておいてください。

【公式サイト限定10,000円OFFクーポンあり】Loofenについてもっと詳しく確認する

※1万円クーポンの終了日は未定なので注意してください。