Dead by Daylight

【DBD】新しいオファリングの使い方を解説|ハッチと地下室を指定

とろろくん
とろろくん
新しいオファリングが追加されたけど、効果的な使い方がイマイチ分からない。
このオファリングを駆使してハッチ脱出・地下吊り回避したい。
キラー側で有効な使い方を知りたい。

そんなアナタのためにDead by Daylightの
2020年9月9日から追加された
新たなオファリングついて
紹介・解説していきます。

「DBD始めたばかりで何のことだか…」
そんなアナタも、ぜひご覧ください。

  • 鍵でハッチ脱出がしやすくなる!
  • 地下を回避して立ち回れる
  • 新オファリングはどれも、キラー側のメリットは少なめ

新しいオファリングの正しい使い方を解説

新しいオファリングの正しい使い方を解説

日本時間 2020.9.9~追加された
5つのオファリングについて解説します。

  1. 生贄の魔除け
  2. ヴィゴの設計図
  3. 注釈付きの設計図
  4. 破れた設計図
  5. 血塗られた設計図

各種オファリングの効果紹介

生贄の魔除け
(レア)
生贄の魔除け
他のプレイヤーが使用した、特定のマップに送られる確率を上昇させるオファリングの効果を打ち消す。
4つの同一のマップ指定オファリングが使用された場合のみ、「生贄の魔除け」の効果は解除・無効化となる。
ヴィゴの設計図
(コモン)
ヴィゴの設計図
マップに主要な建物がある場合、そこにハッチが出現する確率がとてつもなく上昇する。
注釈付きの設計図
(コモン)
注釈付きの設計図
マップに殺人鬼の小屋がある場合、そこにハッチが出現する確率がとてつもなく上昇する。
破れた設計図
(コモン)
破れた設計図
儀式開始時に、地下室のフックのオーラが20秒間視えるようになる。
マップに主要な建物がある場合、その下に地下室が出現する確率がとてつもなく上昇する。
血塗られた設計図
(コモン)
血塗られた設計図
儀式開始時に、地下室のフックのオーラが20秒間視えるようになる。
マップに殺人鬼の小屋がある場合、その下に地下室が出現する確率がとてつもなく上昇する。

効果的なオファリングの使い方

効果的なオファリングの使い方
  1. ハッチ出現に関するオファリング
  2. 地下室に関するオファリング
  3. 生贄の魔除け

この3つに分けて解説していきます。

ハッチ出現に関するオファリング

  • ヴィゴの設計図
  • 注釈付きの設計図

サバイバー側にとって
かなり有効なオファリングです。

特にハッチ脱出する際には、かなり有効です。
よってサバイバーの場合、を持ち込むことをオススメします。

もちろん、キラー側にもハッチの位置を教えてしまうことになりますが、キラーにハッチを閉じられたとしても鍵で脱出できるので大丈夫です。

アーカイブ(学術書)の「ハッチ脱出しろ」には、効率よくチャレンジ達成ができます。

一方、
キラーがこのオファリングを使用する場合

マッチ待機画面で、サバイバーが鍵を持っていない時だけオファリングを使用しましょう。

これによって、サバイバーのハッチ脱出を防ぎやすくなります

カギをチェストで入手された場合は仕方ありませんが。

地下室に関するオファリング

  • 破れた設計図
  • 血塗られた設計図

サバイバーの場合、
地下室の場所が分かることで、地下室付近でチェイスするのを回避しやすくなります

これによって、地下室に吊られにくくなり、サバイバー側が不利になる状況を未然に防ぐことが出来ます。

また、デイリーやアーカイブで「チェストを開けたい」場合は、これらのオファリングが有効です。

地下室には必ず1つチェストが出現するので、地下室の場所を知れることは有益な情報となります。

キラーの場合、
このオファリングを使用するメリットがほとんどありません。

理由は、サバイバー側にも地下室の場所が把握されてしまい、地下に近づくサバイバーが減るからです。

地下室の位置情報は、サバイバーが圧倒的有益な情報です。

しかし、

  • トラップを仕掛けるキラー
  • 地下室吊りが強いキラー

には少しだけ有効なオファリングです。
例えば、
トラッパー、ハグ、カニバル など

地下室の場所を知っていれば、罠を設置する場所も決めやすくなります

また、地下に吊るためのチェイスすべき行動範囲も判断しやすくなります

「生贄の魔除け」は、ビミョー

キラー側は、
サバイバーに有利なマップ指定を無効化できます。

しかし、サバイバー側がマップ指定してくる可能性・確率も毎回バラバラなので、「生贄の魔除け」がバッチリ効果発揮するかはになります。

サバイバー側は
キラーのマップ指定を無効化できますが、
仲間のサバイバーのマップ指定をも無効化してしまう恐れがあります。

よって、パーティーを組んだサバイバーなら「生贄の魔除け」は有効かもしれません。

しかし、サバイバーでのソロプレイの場合は、あまりオススメしません。

鍵持ち込みでハッチ脱出が最高

鍵持ち込みでハッチ脱出が最高

もちろん、最後まで生き残る努力は必要ですが、新たなオファリングのおかげで
「鍵
持ち込みでハッチ脱出」がしやすくなりました。

アーカイブの「儀式から脱出する」の達成しやすさが増すかと思います。

アナタもぜひ、オファリングを上手く活用して儀式の脱出を目指してみてください。

キラー側では、新オファリングはどれも微妙なものでした。