Dead by Daylight

【DBD】「最後の切り札」の強化された効果を解説|2020.3

とろろくん
とろろくん
「最後の切り札」の何が今までと違う?

そんなアナタに少しでも参考になればと

本記事では3月の大型アップデートで効果が変更されたパーク「最後の切り札」について解説していきます。

  • アイテムのアドオンも持って帰りたい
  • 私こそアイテム収集家だ!

そんなアナタは是非ご覧ください。

  • アイテムのアドオンを持ち帰る唯一の方法

1.85 パッチノート (PS4)
参考に記事作成をしていますが、
私の解釈ミスがあるかもしれませんので
公式の文章も合わせてご覧になることをオススメします。

 

【DBD】最後の切り札の強化された効果を解説

【DBD】最後の切り札の強化された効果を解説

アイテムを持って脱出できれば、
アイテムのゲージを使い果たしてもアドオンは失いません。

 

プラスになる調整のみ

今までの「レア度が高いアドオンが付く可能性が高くなる」という効果に脱出すればアドオンを持ち帰れる」に付いただけです。
簡単に言えば。

今回のアップデートでアイテムのアドオンが脱出の成否関係なく失う仕様になりました。

よって、アドオンを持ち帰るためには「最後の切り札」が必須です

 

最後の切り札と相性の良いパーク

コソ泥の本能

コソ泥の本能

これはパークが変更される前から相性の良いパークですね。

良いアイテム・良いアドオンを持ち帰るには必須のパークたちになりました。

 

最後の切り札に対抗するパーク

フランクリンの悲劇

フランクリンの悲劇

このパークも昔からアイテムを持ち込むサバイバーには最適です。

今回のアップデートで工具箱の調整が入って、工具箱での発電機の修理がそこまで脅威にはならなくなりました。

しかし、それでも未だに発電機の修理完了が爆速時代なので「フランクリンの悲劇」は優秀なパークかもしれません。