オシャレ・身だしなみ PR

【落とし穴】パンプスで足の裏が痛いのは、商品選びの時点で失敗している

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、初めまして。
とろろ(Twitter:@tor0roblog)です。

皆さんは、パンプスを履いている時、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 足の裏が痛い
  • 靴底が薄くてツライ
  • 足の裏が痛くなりにくいパンプスを知りたい

結論。
スニーカーのような履き心地のパンプス選べば、痛みから全て解放されます。

そこで今回は
パンプスによる足の裏の痛みを回避すべき理由足の裏が痛くなりにくいパンプス商品紹介をします。

本記事を参考にすると、歩き姿勢と立ち姿が綺麗になり、足の裏が快適になること間違いなしです。

 

パンプスで足の裏が痛くなる=足に合っていない証拠

パンプスで足の裏が痛くなる=足に合っていない証拠

パンプスを履いていると足の裏が痛くなるという方に伝えたいことがあります。

そのパンプスは「あなたの足に合っていない、使う場所が合っていない」ということ。

パンプスで足の裏が痛くなる理由は、以下の3つ。

  • サイズや足の形にフィットしていない
  • 足を魅せるだけのデザイン重視のパンプス
  • 価格が安く、素材や機能が乏しいパンプス

そもそも自分の足にジャストフィットしていなければ、足の裏の痛みだけでなく靴擦れだって引き起こします。

また、歩き回る用のパンプスでなければ靴底(ソール)のクッション性・丈夫さ・厚さが皆無です。

ここで私からあなたに質問です。
「あなたがパンプスを履くシチュエーションは何ですか?」

  • 歩き仕事が多い営業さん
  • 通勤時間が長く、満員電車で立ち時間が長い
  • 普段はスニーカーばかりでパンプスに履き慣れていない

こういった「歩きっぱなし、立ちっぱなし、パンプスに慣れていない」という方は、パンプスの選び方を正しく行う必要があります。

本記事では、スニーカーのような履き心地のパンプス紹介を後述していますので参考にしてみてください。

 

警告:足の裏が痛いだけで幸せを逃してしまう話

警告:足の裏が痛いだけで幸せを逃してしまう話

パンプスで足の裏が痛いだけ。我慢すりゃええやん。

そんなことを思っている方は「年収アップ・モテ」を失います

  1. パンプスで足の裏が痛いと
  2. 痛みをかばう歩き方になる
  3. 姿勢悪化&身体の別箇所に負荷がかかる
  4. 猫背・肩こり・腰痛などを引き起こす
  5. 姿勢が悪く美しくない
  6. 仕事には集中できない
  7. 結果:年収UPと恋愛を逃す

パンプスだけでこんな事あり得るの?と侮るなかれ。

人間の全体重を支えてくれる足優れた靴でねぎらわなければ、体中にデメリットが発生するのは当然です。

靴選びを妥協しないでください。

歩きにくい、または歩くたびに痛む靴なんて人生において損でしかないです。

 

足の裏が痛くならない靴底のパンプスを選べば解決

とはいっても、足の裏が傷みにくいパンプスなんてあるの?と思われるでしょう。

パンプスは靴底が薄いというイメージが強く、足の裏が痛み回避は諦めたくなりますよね。

そんなアナタに強くオススメしたいパンプスがあります。

それが、スニーカーのような履き心地の『Kesou』のパンプスです↓

参考元:Kesou公式ホームページ

Kesouの「スニーカーのようなパンプス」には以下のような特徴があります。

  • 靴底に厚めの天然ゴムでクッション性UP
  • 靴底の耐久性もあり、凸凹道でも歩きやすい
  • ソール以外も柔らか素材なので、歩きやすい

まさに「スニーカーのような」を実現させたパンプスです。

デザインもシンプルかつ綺麗で、機能面だけでなく美しさも忘れずアシストしてくれます。

自分の足を綺麗に魅せながら、足の裏が痛くなりにくいパンプスです。

様々な商品が溢れる現代ですから、パンプス商品を正しく選ぶだけで足の裏の痛みはすぐに解決できますよ。

 

パンプス『Kesou』:特徴・メリット・デメリット解説

参考元:Kesou公式ホームページ

ここでは『Kesou』の特徴・メリット・デメリットについて解説します。

特徴
・デザインも履き心地も、両方かなえたいを実現
・長い期間使える丈夫なパンプスを完全受注生産
・素材を100%リサイクル資源と再生可能資源で作る
・パンプスの修理サービスも予定中

デメリット
・少し値段が高い
・購入後すぐに履けない
・デザイン種類がまだ少ない

メリット
・モテる
・絶対に買える
・使用していて気持ちが良い
・他パンプスより足が痛くなりにくい

もっと具体的にメリット・デメリットの詳細を知りたい方は、以下↓の記事を参考にしてみてください。

サステナブルなパンプスは値段が高いが、足と足取りが大幅に軽くなりますサステナブルなパンプスを探している方へ。本記事では、サステナブル素材のパンプスを販売しているKesouを紹介しています。サステナブルなパンプスがもたらすあなたへの変化も具体的に解説しています。節約をしたい方も参考にしてみてください。...

今後ずっとトレンドになる「SDGs」に大きく貢献したパンプスなので、アナタも地球の環境保全活動の一因になれます。ただ買うだけで。

世界の常識「SDGs」とは?カンタン解説

世界の常識「SDGs」とは?カンタン解説

SDGsとは、地球の持続可能な社会を目指すための世界目標です。

具体的には以下のようなこと。

  • 地球温暖化を阻止しよう
  • 生物の絶滅阻止と生態系保護
  • 平和を目指し、戦争紛争も無くそう
  • 飢餓や貧困を減らし、平等な世界に など

これらを実現するために企業の運営方法や私たち個人の生活を見直すことがSDGsの活動となります。

SDGsについてもっと詳しく知りたい方は↓の記事をご覧ください。

私たちが簡単にできるSDGsはコレ!
SDGsとは何か?分かりやすく簡単に解説|全世界の常識を知っておこうSDGsって何?分かりやすく簡単に知りたい方へ。本記事では、私なりにSDGsについて全容を解説します。そして知っておいて損しない最重要ポイン紹介します。SDGsという世界の常識を知らない恥ずかしい人から即卒業しましょう。...

※難しいカタカナ英語・専門用語ゼロで解説中。

 

まとめ:パンプスで足の裏が痛いのは買い物失敗です

まとめ:パンプスで足の裏が痛いのは買い物失敗です
本記事の要点まとめ
  • 足の裏が痛いのは自分に合っていない証拠
  • 足の裏が痛いだけでお金とモテで損する
  • スニーカー級のパンプス『Kesou』がオススメ

もう「パンプス=ペタンコ靴=足裏が痛い」というイメージを払拭しましょう。

利用する私たちの足や姿勢を最大限に気遣ってくれるパンプス『Kesou』で間違いなしです。

結論:『Kesou』のパンプスで、快適な毎日を手に入れてましょう。

サステナブルなパンプスは値段が高いが、足と足取りが大幅に軽くなりますサステナブルなパンプスを探している方へ。本記事では、サステナブル素材のパンプスを販売しているKesouを紹介しています。サステナブルなパンプスがもたらすあなたへの変化も具体的に解説しています。節約をしたい方も参考にしてみてください。...