Dead by Daylight

【DBD】「真っ向勝負」の発動ボタンと範囲を理解して成功のコツを掴め

とろろくん
とろろくん
パーク「真っ向勝負」の使い方・発動タイミングが知りたい。上手く発動できなかったのは何で?コツやオススメのパーク構成があれば知りたい。

Dead by Daylightの
サバイバーパーク「真っ向勝負」をアナタは上手く使いこなせていますか?

「なかなかキラーを怯ませられない、不発で終わる」なんてことはありませんか?

「真っ向勝負」は、
自分で発動タイミングを見極める必要があり、扱うのが難しいとされています。

そんなパークを本記事では、

  • 使い方、ボタン入力の仕方
  • 発動タイミング、コツ
  • 「真っ向勝負」と相性の良い他パーク など

DBD初心者の方でも分かりやすく徹底的に解説していきます。

「私キラー専門なんですけど、真っ向勝負を上手く回避する方法【対策】があれば知りたいです。」

そんな殺人鬼の方向けの「真っ向勝負の対処法」についても触れますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

庶民ゲーマーの私が愛用しているコスパ最強1万円ヘッドセットを紹介

【DBD】「真っ向勝負」の発動ボタンと範囲を理解して成功のコツを掴め

本記事の流れ
  1. 「真っ向勝負」の効果、使い方
  2. 「真っ向勝負」の発動タイミング
  3. 上手く成功させる3つのコツ
  4. 「真っ向勝負」の失敗の理由を解説
  5. 「真っ向勝負」と組み合わせたい3つのパーク紹介
  6. キラー視点:「真っ向勝負」対策

「内容てんこ盛り」のようですが、さらっと読める量にしましたので気軽にどうぞ。

 

真っ向勝負のパーク紹介「ロッカーアタック!」

真っ向勝負のパーク紹介「ロッカーアタック!」
真っ向勝負の効果

自分が疲労していない時にロッカー内で3秒間いるとパークが使用可能。

パーク発動中にロッカーから飛び出す(走るボタン+ロッカーから出るボタン)とロッカーの目の前にいる殺人鬼を3秒間怯ませる。

  • 【60/50/40】秒間の疲労が発生する。
  • 自分の上にカラスがいるとパーク使用不可。

このパークは、殺人鬼を怯ませる・スタンさせることが出来るので、「殺人鬼を怯ませる」というアーカイブチャレンジにも最適です。

庶民ゲーマーの私が愛用しているコスパ最強1万円ヘッドセットを紹介

 

使い方・やり方・入力ボタンを解説【全プラットフォーム共通】

「真っ向勝負」の使い方
  1. 自分がロッカーに入る
  2. パーク発動できるまで、3秒間待機
  3. ロッカー前に殺人鬼が来たら、「走るボタン+アクションボタン」同時入力

パークが発動できるかどうかは、画面右下の真っ向勝負のパークアイコンが明るく光っていれば発動準備OKのサイン。

入力ボタンをじっくり解説

  • PC
  • PS4
  • PS5
  • Switch:スイッチ など

全プラットフォーム共通の話です。

まずは、「走るボタン」を入力したままにしておきましょう。

そして「真っ向勝負」を発動したい時に、「ロッカーを出るボタン」を入力しましょう

これで簡単に発動できます。

 

真っ向勝負の発動タイミングと効果範囲

「真っ向勝負」が殺人鬼に命中する範囲・キョリとは…

  • ロッカーの真正面のみ
  • 殺人鬼がロッカーを開けるアクションをするぐらい近い時

つまり、本当にロッカーの目の前に殺人鬼がいる時のみ「真っ向勝負」は命中します。

ロッカーを開けられる寸前ぐらいの距離でないと、確実に成功させることが出来ません。

ギリギリまで我慢して引き付けましょう。

 

真っ向勝負のコツ1「通信遅延(ラグ)を考慮する」

「真っ向勝負」の効果範囲に殺人鬼が来るかもしれないという予想で発動する。

このゲームは各プレイヤー同士で、コンマ何秒という極々わずかな時間差があります。

これは通信環境などの違いによるもので、殺人鬼が見ている世界と自分が見ている世界に時間差があります。

よって、サバイバー視点で「真っ向勝負」を発動タイミングだと思った時には「時すでに遅く」、ロッカーキャッチされてしまうということが起きてしまいます。

これを対処し「真っ向勝負」を命中させるためには、未来を予測・殺人鬼の動きを予測する必要があります。

「私のロッカーに近づきそう」と予想し、ロッカー真正面の一歩手前に殺人鬼が来たら発動しましょう。

 

真っ向勝負のコツ2「殺人鬼と駆け引きする」

わざと騒音を出してロッカーインする

自分がロッカーに入る時、騒音を出すことでロッカーに入ったことを意図的に殺人鬼に教えます。

これによって、
「いつロッカーを開けるか、いつ真っ向勝負を発動するか」の駆け引きが生まれます。

  • 殺人鬼は「真っ向勝負」を警戒。そして不発させたい
  • 生存者は「真っ向勝負」を当てて逃げたい

この一騎打ちは正直、生存者の勝率が低めではありますが、悪あがき・時間稼ぎが少し出来ます。

「ロッカーで騒音を出す」とは?

「走るボタン」を入力したままロッカーに入ると、殺人鬼に通知がいきます。

この通知を騒音といいます。

このアクションは、すばやくロッカーに入れますが、殺人鬼に通知してしまうメリットとデメリットがあります。

 

真っ向勝負のコツ3「仲間を救助せよ」

他の生存者を担いで運ぶ殺人鬼に「真っ向勝負」をぶつけよう

これによって、仲間の救助ができます。

この作戦が特に成功しやすいのが、地下室フックのロッカーです。

階段を降りて来て、フックに運ぶ途中で「真っ向勝負」をすると命中しやすいです。

オススメの地下ロッカーは、地下室への階段を降りたスグに並ぶ2つのロッカーのフック側のロッカーです。

 

真っ向勝負が「発動しない・当たらない」理由を解明します

  • 疲労している、疲労にさせられている
  • パーク発動できるまでの3秒間を待てていない
  • 発動時、ロッカーと殺人鬼の距離が遠い
  • 発動時、ロッカーの正面に殺人鬼がいない
  • 通信遅延(ラグ)を考慮できていない

おそらく以上の理由で、「真っ向勝負」が発動できていないと考えられます。

「真っ向勝負」の命中精度の向上は、練習あるのみです。

私も使い始めは全然上手く使えていませんでいた。

しかし、何度も使うことで「体感のコツ」が掴めてきます。
体感のコツとは「このタイミングなら、なんだか当たる気がする」という、言葉では言い表せない直感的な技術のこと。

1番上の項目「疲労させれらている」について補足しておきます。

殺人鬼の能力・アドオン・パークによって、生存者を意図的に疲労させることが可能です。

これによって「真っ向勝負」が発動できないことがありますので、ゲーム画面右側のステータスアイコンをよく見ておきましょう。

 

真っ向勝負と他パークの組み合わせ方「おすすめパーク構成」

真っ向勝負と他パークの組み合わせ方「おすすめパーク構成」
素早く静かに おすすめ度★5 
ダンス・ウィズ・ミー おすすめ度★3 
内なる力 おすすめ度★2 

1つずつ、簡単に解説していきます。

素早く静かに ★5

「素早く静かに」は必須レベルで相性抜群です。

ロッカーに騒音を出さず素早く入れるので、チェイス中にも使いやすいです。

また、ロッカーに入る時は通常どおり静かに入り、「真っ向勝負」を使うことで「素早く静かに」も自動的に同時発動します。

これによって、殺人鬼を「無音なのにスタンする」ことになり、ビックリ・混乱させることができます。

「素早く静かに」の効果はコチラ

メグの固有パーク

走りながら窓枠・パレットを乗り越えたり、ロッカーに隠れたりする時、殺人鬼に通知される音を立てない。

  • この効果は【30/25/20】秒間のクールタイムがある。

 

ダンス・ウィズ・ミー ★3

「真っ向勝負」発動後の自分の足跡を消せます。

これによって、殺人鬼のスタン後に自分が見つかりにくくなります。

しかし、殺人鬼はスタンしている間も生存者の足音でどちらの方向に走ったのかを確認できるので、超強いとは言えません。

ただ、こういった作戦はDBDキラー初心者には非常に有効です。

「ダンス・ウィズ・ミー」の効果はコチラ

ケイトの固有パーク。

素早い窓枠の乗り越え、ロッカーからの飛び出しを行った後、3秒間は足跡を残さなくなる。

  • 使用後【60/50/40】秒間のクールダウンがある。

 

内なる力 ★2

「ロッカーに入るついでに治療しちゃおう」というだけです。

私、個人的に好きなので「内なる力」を紹介しました。えへへ。

「内なる力」の効果はコチラ

ナンシーの固有パーク

トーテムを一つ破壊すると使用可能。

負傷の時にロッカー内で【10/9/8】秒間隠れると即座に無傷まで回復する。

深手状態の時に内なる力で回復すると、深手状態は無くなるが負傷状態のままとなる。

  • トーテム一つ破壊につき、一度だけ回復できる。
  • 衰弱状態のときはパークは発動せず、回復しない。
  • 発動後に再びトーテムを破壊すればパークは使用可能になる。
  • アーカイブ・デイリーなどの治療回数にはカウントされない。

 

【キラー視点】真っ向勝負を対策する立ち回り方はフェイント!

【キラー視点】真っ向勝負を対策する立ち回り方はフェイント!

本当は、
パーク「不屈」を使って、スタン時間を軽減しましょう。と紹介したかったのですが、今の「不屈」では不可能なんですね…

今の「不屈」は、パレットによるスタンのみ効果が適用されているんですね。残念。

「不屈」の効果はコチラ

パレットで怯む時間が【40/45/50】%減少する。

  • 決死の一撃のスタン時間も同様に減少する。

ということで、本記事では「フェイント」を使った真っ向勝負を不発させる方法だけを紹介します。

 

ロッカー前を素早くうろつく「フェイント」

  • ロッカー正面に近づくフリをして、近づかない
  • ロッカーに生存者がいることを気付いていないフリをして、ロッカー前を少し通り過ぎてからロッカーを開ける。

これで、「真っ向勝負」を不発させたり、「真っ向勝負」を使わせずに生存者を捕まえることができるかもしれません。

もちろん、100%対策できるとは限らない作戦ですが、やってみる「価値」はあります

ロッカーに入った生存者がいれば「真っ向勝負」を警戒してフェイントを駆使しましょう。

庶民ゲーマーの私が愛用しているコスパ最強1万円ヘッドセットを紹介

 

真っ向勝負の評価「練習あるのみ」

真っ向勝負の評価「練習あるのみ」

このパークは、タイミングが「命」です。
「デッド・ハード」と一緒です。

発動タイミングを間違えれば使い物にならないですが、タイミングさえ合えば心強いパークでもあります。

「真っ向勝負」は何度も使って練習して、慣れていきましょう。