おうちで快適

1人暮らしはベッドフレームなしが賢い!マットレスだけで寝ても損はない

とろろくん
とろろくん
  • ベッドフレーム買う余裕がない
  • ベッドフレームって無いといけないの?
  • ベッドフレームが無いときのデメリットが知りたい

そんな悩みを解決します。

 

記事の内容

  1. 1人暮らしはベッドフレームなしが賢い!マットレスだけで寝ても損はない話
  2. ベッドフレームは自己満足のもの:敷布団と使い方同様
  3. ベッドフレームなしのメリット全解説【マットレスだけで満足】
  4. ベッドフレームが必要ないマットレスを買おう【1人暮らしマットレス紹介】

 

新社会人や転勤の多い方が悩む、1人暮らしでベッドフレームを購入するか問題。

 

しかしベッドフレームの必要性を理解しないまま購入してしまうと、無駄な出費と生活空間の圧迫を引き起こしてしまいます。

 

そこで今回は、ベッドフレームの必要性マットレスだけで寝るメリットについて紹介します。

1人暮らしの方出費を抑えたい方に有益な情報をサクッと解説します。

 

本記事を参考にすると「マットレスだけで寝て良いのか」という悩みや、ベッドフレームの購入をやめるきっかけになります。ベッドフレームの必要性を今一度ここで見つめ直しましょう。

 

1人暮らしはベッドフレームなしが賢い!マットレスだけで寝ても損はない話

1人暮らしはベッドフレームなしが賢い!マットレスだけで寝ても損はない

結論、ベッドフレームなしでマットレスに寝て全く問題ありません。

そう言い切る理由はベッドフレームの役割が、以下のたった3つだけだからです。

  1. 通気性を上げてマットレスを清潔に保つ
  2. マットレスに床のゴミを付着させない
  3. インテリアとして部屋を彩る

このベッドフレームの役割り3つを理解すれば「ベッドフレームってこれだけしか意味ないの?」と気づけるはずです。

 

①通気性を上げてマットレスを清潔に保つ

マットレスの下にベッドフレームなどで空間を作ることで、マットレスに溜まる湿度を下から逃がすことが出来ます。

これによって、マットレスでのカビの発生やマットレスの反発力低下防ぐことが出来ます。

人は寝ている間にコップ一杯ほどの水分を汗で出しています。

この水分を寝ている間に逃がすことがベッドフレームの役割の1つです。

 

②マットレスに床のゴミを付着させない

ベッドフレームによってマットレスを床から遠ざけることで、ほこりよごれからマットレスを守ることが出来ます。

部屋の床には髪の毛や目に見えないゴミやほこりがあります。

それらをマットレスに近づけないことで衛生的にマットレスを使うことが出来ます。

 

③インテリアとして部屋を彩る

ベッドフレームがあれば、自分の部屋や寝室のデザイン性が上がります

  • 寝室をスマートにしたい
  • カッコ良いベッドフレームにしたい
  • 可愛いベッドフレームで寝たい
  • ロックなベッドフレームで寝たい など

自分の好みの空間で寝るために、ベッドフレームが役立ちます。

 

ベッドフレームは自己満足のもの:敷布団と使い方同様

ベッドフレームは自己満足のもの:敷布団と使い方同様

ベッドフレームの役割りを3つ紹介しましたが、3つとも解釈を変えればベッドフレームが必要ないことが分かるのです。

以下の表をご覧ください。

ベッドフレームなしでマットレスだけの場合の対策

  1. 通気性を上げてマットレスを清潔に保つ:方法
    →寝ていない時はマットレスを立てかけて干す(室内干しでもOK)
  2. マットレスに床のゴミを付着させない:方法
    →マットレスを置く場所を毎回綺麗にしてから置く
  3. インテリアとして部屋を彩る:意味
    →節約生活ならむしろ部屋を彩らないほうが良い

特に1人暮らしを始めたばかりの方や転勤族の方には、ベッドフレームが必要ないことが理解できるはずです。

ちょっとした工夫だけでベッドフレームなしでも、マットレスを清潔に長持ちさせることが出来ます。

ベッドフレームなしのマットレスは、敷布団と同じ使い方をすれば全く問題ないのです。

 

ベッドフレームなしのメリット全解説【マットレスだけで満足】

ベッドフレームなしのメリット全解説【マットレスだけで満足】

ベッドフレームなしのメリットは以下の6つ。

  1. 掃除がラク
  2. 模様替えがラク
  3. 部屋が広く使える
  4. 引っ越しがめちゃくちゃラク
  5. ベッドフレーム代を節約できる
  6. 節約できる人になれば年収アップが期待できる

1つずつ解説していきます。

 

①掃除がラク

マットレスをひょいと片づけることが出来るので、部屋の隅々まで綺麗に掃除しやすくなります。

一方ベッドフレームがあると、ベッドフレームをどかして掃除するのも難しいです。

その結果、ベッドフレームの下だけ掃除機で吸うという不完全な掃除しかできなくなります。

綺麗好きの方は、むしろマットレスだけの方が良いでしょう。

 

②模様替えがラク

マットレスは軽いので、寝る場所をコロコロと変えることが出来ます。

気分転換に部屋の模様替えする際は、重いベッドフレームや一人では運びずらいベッドフレームを持ち上げる必要がありません。

飽き性の方部屋にこだわりがある方は、ベッドフレームなしが快適です。

「今日は廊下で寝ちゃおう」なんてことも出来るのがマットレスだけの強みです。オススメしませんが。

 

③部屋が広く使える

マットレスを立てかければ部屋は簡単に広くなります

1人暮らしのワンルームなど、生活する場所と寝る場所が同じの場合、寝る場所を片づければ生活空間が快適になります。

部屋は狭いけれど筋トレをしたいなどといった部屋を広く使いたい方には、ベッドフレームは使わないほうが良いです。

 

④引っ越しがめちゃくちゃラク

重い・運びにくいベッドフレームなし。
軽い・1人で運べるマットレスだけなので、引っ越しがめちゃくちゃ楽です。

引っ越しが多い方や、これから引っ越す予定がありそうな方は、ベッドフレームは買わないほうが良いです。

引っ越し代も節約できるかも?

 

⑤ベッドフレーム代を節約できる

ベッドフレームを買うお金を、別の用途で費やすことが出来ます

  • 趣味に使う
  • 旅行で使う
  • 機能家電を買う
  • 好きなものを食べる

ベッドフレームの値段は様々ですが、それなりのものを買おうとすると1万円は越えます

このお金を好きな事に使えればもっと快適で有意義な生活ができます。

 

⑥節約できる人になれば年収アップが期待できる

⑤の続きです。

本質的に必要ないものを節約できる人間になりましょう。というお話を。

ベッドフレームは、無くても困らないものです。

ベッドフレームが無いと自分が死ぬわけでもなければ、だれかの迷惑になるものでもないです。

むしろ、ベッドフレームの素材やそれを買うための費用を節約出来たと考えれば、地球環境にも自分の財布にも優しいのです。

こういった余計な出費を客観的に把握できるようになれば、支出を抑え貯金が貯められる人間へとなれます。

ベッドフレームに限らず、自分の貯金やエコを考えて行動できる人になりましょう。

ベッドフレームを作るために木を伐っているのですから。(余談:廃材でつくったベッドフレームならエコなのでGOODです。)

 

ベッドフレームが必要ないマットレスを買おう【1人暮らしマットレス紹介】

ベッドフレームが必要ないマットレスを買おう【1人暮らしマットレス紹介】

「ベッドフレームなしのメリットはよく分かった。けど、やっぱりベッドフレームがあった方が良いな」

そんな方に、ベッドフレームなしで使うことを推奨されたマットレスを厳選して紹介します。

これなら、悩むことなくベッドフレームなしで使えるでしょう。

ここで紹介するマットレスは、1人暮らし生活空間が狭い方に役立つものを紹介します。

 

4way国産ソファーベッドマットレス【BED STYLE】

機能性はもちろん、インテリアも充実させたい方におすすめ。

このマットレスは以下の4タイプに形を変えられます。

  1. ソファ
  2. カウチソファ(足をのばせるソファ)
  3. マットレス
  4. 枕付きベッド

枕付きベッドの枕は、ちょっと昼寝のような時に使うものです。

長時間の睡眠で使うと、首が痛くなるので注意しましょう。

このマットレスであれば、睡眠の時以外は生活のインテリアとして併用できるのでソファ代の節約も出来ます

また、マットレス自体が非常に軽いので女性の1人暮らしでも最適です。

色の選択8種類、サイズ3種類あります。

自分の部屋に合ったマットレスが選べるのが魅力です。

もちろん、防ダニ・抗菌・防臭です。

 

腰痛・肩こり・背痛に最適マットレス【ビブラート1】

腰痛持ちを改善し、年収アップも期待できる最強マットレス。

日本人好み・日本人の体型に合った、やや硬めの高反発マットレス【ビブラート1】

このビブラート1は、ベッドフレームなしでの使用を前提として作られた商品です。

湿気を逃がす構造や素材を採用しています。

腰痛に悩む方は「【簡単】マットレスを変えるだけで腰痛は改善できる。運動や薬はNG」の記事でビブラート1を解説しています。

腰痛はマットレス次第で悪化し、年収アップの機会を逃すことになります。

腰痛を忘れて仕事に専念したい方はぜひご覧ください。

マットレスを替えた会社員の40%が仕事のパフォーマンスが向上?

まとめ:ベッドフレームなしで寝るのは賢い人

まとめ:ベッドフレームなしで寝るのが賢い人
  • お金が無くて…
  • 引っ越しが多くて…
  • 1人暮らしだから…

そういった方は、ぜひベッドフレームなしで生活してみてください。マットレスだけでOKです。

マットレスだけなら

  1. 朝起きたらマットレスを立てかける
  2. 寝る前に床をクイックルワイパーなどで拭く

この2点を行いましょう。

清潔に寝て、節約して、快適な暮らしをしましょう。