SDGsとは

SDGsとは何か?分かりやすく簡単に解説|全世界の常識を知っておこう

とろろくん
とろろくん
  • SDGsって結局、何?どゆこと?
  • ザックリ全容・概要を知りたい。
  • SDGsって私たち個人に関係あるの?
  • 難しい言葉一切なしで分かりやすく解説して欲しい。

そんな悩みを解決します。

 

記事の内容

  1. SDGsとは何か?ザックリ概要【分かりやすく簡単に解説】
  2. SDGsは、企業より個人の取り組みの方が最重要
  3. SDGsは、個人に出来ることが無限にあります
  4. SDGsとは「当たり前のことができない人」に向けた目標です

記事の信頼性

ブログ作成者の私は、大学で(地球)環境学を専攻し4年間学びました。当ブログでは、環境問題について「専門知識無しで、誰にでも」身近に感じてもらえるよう記事作成しています。

 

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、2030年までの全世界で掲げた目標です。この目標・取り組みは、世界の基準になっていきます。

 

しかし、SDGsを全く理解できていないと、社会的に取り残されたり、未来の無い倒産確定の就職先に入社してしまうリスクがあります。また、SDGsは世界の常識なので、知らなくて恥ずかしい思いをするでしょう。

 

そこで今回は、SDGsの全容を何となく理解できるように本記事を作成しました。たらたら難しい話は一切なし。「つまり、SDGsって何なの?」という結論を紹介していきます。

私個人的には、SDGsについて細かくガッチリ理解する必要は無いと思っています。理由は、私たちが出来ることは限られているからです。

 

本記事を参考にすると、SDGsの最重要ポイントを把握でき、人にSDGsの要点を説明できるようになります。世界の常識であるSDGsを知らない人へ、アナタが解説してあげられますよ。

 

SDGsとは何か?ザックリ概要【分かりやすく簡単に解説】

SDGsとは何か?ザックリ概要【分かりやすく簡単に解説】

SDGsをザックリ説明すると、

2030年までに「いま苦しんでいるものを救おう」という目標・取り組みのこと。

SDGsは、サステナブル・デベロップメント・ゴールズの略ですが、そんな事はどうでも良いです。

 

SDGsで理解すべき最重要ポイントは、以下の6つを全世界で実現させようという目標・取り組みだということです。

  1. 地球環境・生態系を守ろう
  2. 貧困を無くそう
  3. 不平等を無くそう(ジェンダー問題、人種差別など)
  4. 子供たちへの教育を充実させよう
  5. 快適に働こう
  6. 健康で長生きしよう

この6つを2030年までに全世界で協力して達成しようという目標・取り組みSDGsなのです。

厳密にはSDGsは17の目標を掲げていますが、私の見解で大きく分けて6つにまとめました。詳しく17項目を知りたい方はコチラをご覧ください。

 

企業より個人の取り組みの方が最重要【SDGsとは何か】

企業より個人の取り組みの方が最重要【SDGsとは何か】

「工場とかが水質・大気汚染してるじゃん。だから企業がSDGsに取り組めば良い話じゃないの?」

世界で見れば、その意見も正しいです。しかし日本においては一概にそうとは言い切れません。

なぜなら、日本において現代の企業は、環境に配慮した企業しか工場設置を認められていなません。

なので、環境破壊の責任すべてを企業に負わすのは的外れです。

環境を悪化させている大きな要因に、私たち個人も含まれています。

そこで「SDGsの取り組みを1人1人の生活の中でも行っていこうよ」ということなのです。

もちろん、企業も積極的に取り組んでいますし、取り組んでいない企業は社会的にも良い評価を得られていません。

 

個人に出来ることが無限にあります【SDGsとは何か】

個人に出来ることが無限にあります【SDGsとは何か】
  • ソーラーパネルを設置したり
  • ごみの捨て方を考えたり
  • 寄付・募金をしたり など

これらはSDGsを意識した立派な行動ですが、アナタが普段何気なく行っていることもSDGsの取り組みである場合が多いです。たとえば、以下の8つ。

  1. 節電のためにコンセントからプラグを抜く
  2. 新聞を読んでSDGsについて理解を深める
  3. SDGsのことをネットで検索する
  4. 筋トレを友達と一緒に始める
  5. 食事を腹8分目に抑える
  6. ゴミをゴミ箱に捨てる
  7. フリマアプリを使う
  8. 転職する

こういったことも大きく見れば、SDGsの取り組みと言えます。

SDGsの取り組みは、どんなに些細な事でも立派な取り組みです。

SDGs関連の情報を得たり、自分のために行っている節約術など、日常のあらゆる場面にSDGsの取り組みは潜んでいます。

アナタが既に行っているSDGsの取り組みを見つけてみてください。

そして、そのSDGsの取り組みの幅を少しでも広げられれば、大きな貢献と言えるでしょう。

エティークの口コミ・評判は?【デメリット3つ・メリット5つ】エティークの口コミ・評判を知りたい方へ。本記事では、エティークについての口コミ・評判を徹底解説します。デメリットやメリットについても解説しているのでぜひ参考にしてください。...

 

SDGsとは「当たり前のことができない人」に向けた目標です

SDGsとは「当たり前のことができない人」に向けた目標です

SDGsという目標は、人として当たり前の事が出来ていない人への警鐘です。

  • ゴミのポイ捨て
  • ゴミの分別をしない
  • 食べ残し・賞味期限切れの廃棄

例えば上記の3つは、ほとんどの人が当たり前のように出来ていることです。

しかし、一部の人が出来ていないから、いつまで経っても環境破壊は続き、温暖化が悪化していくのです。

1個人が、1家庭が、1地域が、1国が、そして世界中がSDGsに取り組むことで、ようやく地球が救えるのです。

当然ですが、アナタが出来るのは1個人からです。

 

まとめ:SDGsとは何か。考えることから始めよう

まとめ:SDGsとは何か。考えることから始めよう

「私1人の取り組んだ影響なんて、どうせ大したことないでしょ」

そんなことありません。

アナタがMY箸を持参すれば、そんなアナタを見た周りの人もMY箸を使うようになるかもしれません。

SDGsの取り組みは、アナタ1人でも大きな意味があります。

SDGsの取り組みの輪は、アナタから大きくなっていくのです。

エコバックを持ち歩く、水筒を持ち歩く、レジ横の募金箱に小銭を入れる…小さなことを継続的に実践していきましょう。