Dead by Daylight PR

チェイスが下手な私のDBD生存術を公開!できないなら戦術を変えよ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

初めまして、こんにちは。

ゲームタイトル『Daed by Daylight』に関するブログ記事を260本以上投稿しているほどDBD大好きな”とろろ”と申します。

悩む人
  • チェイスが下手すぎて絶望してる…
  • チェイスできないから仲間に迷惑になってる…
  • チェイス以外でしっかり貢献して儀式脱出したい!

以上のような悩みを解消していきます。

記事のタイトルにあるように、私はDBDの生存者側で全くチェイスができないんですよね。

そんな私でも生存者側を楽しむコツや立ち回り方を紹介していきます。

結論、あなたはもうチェイス頑張らなくて良い!別の方法で脱出に貢献しよう!

前提:DBD生存者側でチェイスが下手/できない人へ

まず一番伝えたいことを先に言わせてください。

生存者側チェイスが苦手でも、DBDのプレイを諦めないでください。

チェイスが下手でも、できなくても、他プレイヤーのネット上にある悪口に耳を傾けないでください。

そして、苦手なチェイスを無理に頑張らなくても大丈夫です。

チェイスができないからDBDを辞めるっていうことだけは、一番モッタイナイです。

DBDの生存者側は、チェイスすることがメインじゃないです。

儀式から脱出することが目的です。

脱出のためには、やるべきことは沢山あります。

なので、殺人鬼とのチェイスなんて、沢山のやるべき事の1つにすぎません。

チェイスが苦手なら『発電機の修理・仲間の救助治療・殺人鬼の誘導おびき寄せ・ゲートの解放など』のチェイス以外で活躍すればいいんです。

チェイスができないからといって、DBDを遊ぶのを辞める理由にしないでください。

チェイス以外で私のように活躍してやりましょう!

チェイスが下手/できないなら見つかるな!戦術を解説

チェイスができない得意じゃないなら、殺人鬼に極力見つからないように立ち回ることが大事です。

そこで殺人鬼に出来るだけ見つからないようにする立ち回り方法をザックリ紹介しますので、初心者の方は是非参考にしてみてください。

  • 儀式開始直後は大きく動き回らない、何もせず隠れる
  • 儀式序盤で仲間の誰かが殺人鬼とチェイスを始めたら発電機修理を始める
  • 殺人鬼の脅威範囲に入ったら、すぐに範囲から離れるように逃げる
  • 仲間が吊られていて、仲間1人が追われているなら積極的に救助に向かう

基本は、これでOK。ヒソヒソを徹底しましょう。

仲間がガツガツ動いているのにコソコソしていて申し訳なくなる気持ちもあるかもですが、自分が見つかってあっさり掴まってしまう方が仲間の迷惑なので、コソコソが正義。

そして、儀式の中盤から後半にかけて意識して欲しいことが1つあります。

それが『自分だけ吊り回数に余裕があるなら、修理済みの発電機へ一直線に向かって殺人鬼とチェイスして吊られる(チェイス時間は稼げなくてもOK)』ということ。

生存者側が儀式から脱出する際に重要なポイントの1つに、生存者4人がまんべんなくフックに吊られて脱落者を出さないことがあります。

4人全員が生存している時間が長い程、脱出成功率は上がります。

なので、チェイスが苦手だったとしても自分が吊られる時間は「時間稼ぎ・仲間の負担軽減」という観点で言えば重要なので、ずっとコソコソするのはやめましょう。

特に自分だけ負傷していない状態の時は、殺人鬼の注意を引く時間は「チームを立て直す時間」としてかなり有難いですよ。

チェイスが下手な人が意識すべきチェイスのコツ・極意

チェイスが苦手な私が意識しているチェイス方法を紹介します。

  • 板をできるだけ使わない
  • 仲間が居ないエリアへ一直線に逃げる
  • 修理済みの発電機の付近へ一直線に逃げる

板(パレット)はチェイスを長引かせるために重要なものですよね。

結論、パレットはチェイスが上手い人が使う程、時間稼ぎできるものです。

だからこそ、チェイスが下手な私が使うよりずっと有効活用してくれます。

板の数は限りがありますからね。私がバンバン消費するなんてモッタイナイ。

私が使う板の量は、1回のチェイスで2枚くらい。1回の儀式でトータル6枚以下の消費。

そして、どうせ掴まってしまうなら、修理中の発電機から遠い場所や負傷している仲間の遠い場所で捕まる方がオススメ。

DBD生存者:チェイスが下手/できない私のオススメ構成

ここからは、チェイスが苦手な私が好んで使っているパークやパーク構成をザザッと紹介します。

全く同じ構成を真似して遊んでも良いですし、これを参考に自分なりの構成を考えてみるのもオススメ。

  1. 空きパークがあったら付けたい隠密おすすめパーク
  2. 現環境で私が今一番好きな隠密構成①(2024/1/8時点)
  3. 現環境で私が今一番好きな隠密構成②(2024/1/8時点)
  4. チェイス頑張ってくれた人の救助に全集中!構成
  5. 発電機修理に大貢献!構成
  6. 隠密バランス型・隠密の定番
  7. チェイスを諦めさせる!殺人鬼を撒く!構成
  8. 殺人鬼をおびき寄せて仲間に時間を余裕を与える
  9. DBD初心者向け「隠密を学ぶ」構成

1つずつ見ていきましょう。

空きパークがあったら付けたい隠密おすすめパーク

  • 忍苦の時
  • 魂の平穏
  • ディストーション

忍苦の時

多くのプレイヤーは、セルフケアの相棒として「植物学の知識」を選ぶでしょう。

ただ植物学の知識は、治療中に見つかってもチェイスができる人の代物。

チェイスができない人は、治療時間の短縮よりも見つからないように治療する方を優先しましょう。

殺人鬼は負傷者を見つけたいのですから。

魂の平穏

生存者を居場所を探知する際に、生存者を叫ばせるパークやアドオンが増えてきた昨今。

自分が全く叫ばなくなる魂の平穏は、隠密するには強力となります。

さらに、マップ端を移動する時もカラスが全く反応しなくなるので、マップ端を大胆に移動できるようになるのが嬉しいPOINT。

ディストーション

自分のオーラを殺人鬼に探知させないパーク。

自分の居場所がバレないおかげで、発電機修理を安心してできますし、仲間の救助もすんなり成功できます。

ただ一人ぼっちで行動している時でしか最大限の効果を得られないので注意してください。

近くに仲間がいると、その生存者はオーラで視られてしまっていますから、殺人鬼の接近可能性が高まるからです。

現環境で私が今一番好きな隠密構成①(2024/1/8時点)

構成テーマは『発電機修理がこんなに楽しいなんて!もはやチェイスより緊迫するハラハラを!』です。(かなり上級者向け)

  • 全集中
  • 張り込み
  • テクニシャン(or 魂の平穏)
  • ディストーション
  • 医療キッド

全集中で修理速度を爆上げする構成。

張り込みで全集中の成功を補い、テクニシャンでスキルチェックミス通知を防ぎ、ディストーションで修理中の自分を殺人鬼に探知させない。負傷した時のために医療キットで自己治療を。

ただ殺人鬼に見つからない為の基礎知識やプレイスキルが必要。

現環境で私が今一番好きな隠密構成②(2024/1/8時点)

構成テーマは『一人ぼっちこそ輝く発電機修理・もう絶対に見つかりたくない!隠密に全集中』です。(初心者でもオススメ)

  • 魂の平穏
  • ディストーション
  • セルフケア
  • 忍苦の時
  • アイテム:工具箱

現環境で多くなってきた殺人鬼が生存者を探知する術を回避する構成。

魂の平穏で叫ぶのを防ぎ、ディストーションでオーラ探知を防ぎ、忍苦の時で負傷の自分でもしっかり隠密。

ただ、仲間が近くにいて仲間が探知されると殺人鬼の接近の恐れがあるので、一人ぼっちで行動するのがオススメ。

チェイス頑張ってくれた人の救助に全集中

『チェイスが上手い仲間を即回復させる構成』

  • 血族
  • きっとやり遂げる

チェイスが上手い生存者こそ、すぐに無傷状態にしてあげて再度チェイスを頑張ってもらうのがチームとしては強力。

血族で殺人鬼の行動を見て、殺人鬼とすれ違わないルートで救助に向かい、きっとやり遂げるで即全回復させる。血族で殺人鬼がフックから離れないのが分かれば、発電機修理に専念すれば良し。

発電機修理に大貢献!構成

『古来からの発電機特化の構成』

  • 絆(共感)
  • 有能の証明
  • 切磋琢磨

絆で見えた近くにいる仲間と発電機修理して有能の証明で爆速修理。絆の仲間可視により修理途中の発電機も確認しやすく、修理の効率化もUP。切磋琢磨で一緒に修理した仲間の修理速度も強化。

ただ、殺人鬼パーク「不協和音」がある場合、何度も殺人鬼が向かってくる傾向に。この傾向だったら不協和音だと仮定して1人修理に専念すべし。

隠密バランス型・隠密の定番

『最低限の隠密をしつつ、チェイスの準備もしておくバランス型』

  • セルフケア
  • 忍苦の時(or 植物学の知識)
  • 全力疾走
  • ディストーション

ダッシュ系パークも持って、ディストーションという隠密パークも持って、自己治療の方法も持っていく、まさにバランス型。

もっとサクサク治療したい方は、パーク「植物学の知識」を。

チェイスを諦めさせる!殺人鬼を撒く!構成

『チェイスを終わらせてしまえばいいじゃないか構成』

  • ダンスウィズミー(or欺き)
  • 全力疾走(orしなやか)
  • 自己認識

この構成は高難易度だが、殺人鬼を撒いてしまうというテクニカルな技。

構造が入り組んでいる室内マップや固有建物に逃げ込んで、足跡を消してしまうと撒きやすい。

殺人鬼をおびき寄せて仲間に時間を余裕を与える

『殺人鬼に無駄な時間をプレゼント構成』

  • おとり
  • 地雷爆破
  • 盗聴
  • 素早く静かに

地雷爆破と盗聴を仕込んだ発電機におとりを使って生存者をおびき寄せる。

チーム全体に殺人鬼の所在を知らせつつ、殺人鬼にはこの発電機付近にいると思っている自分の存在を探させて最終的に見つけられないという無駄すぎる時間を与える。

作戦を実行する時は、その発電機から離れたロッカーを使うべし。

仲間に治療の時間を与えたり、救助のベストタイミングを作れたり、仲間の発電機修理が大きく進めることができる。

DBD初心者向け「隠密を学ぶ」構成

『生存者の隠密の基礎を学ぶための構成』

  • 都会の逃走術
  • 執着心(自己認識)
  • セルフケア
  • 忍苦の時

隠密に必要なテクニック「足跡を残さない歩き」と「見つかりにくい物陰選びとしゃがむ重要性」を学びやすい構成。

歩く重要性を学べる執着心(自己認識)と、しゃがみ移動が快適になる都会の逃走術をいずれ外しても立ち回れるようにしてほしい。

アイテムはケチらずに盛って持って行け!チェイス下手をカバー

自分がチェイスができない分、仲間に貢献したいならアイテムを豪華にして持っていきましょう。

仲間の分まで発電機を爆速に修理して、自己治療に時間をかけないように、アイテムで補いましょう。

殺人鬼もパークだけでなくアドオンを使ってきますから、生存者も手ぶらで戦わずにアイテムを豪華アドオン盛り盛りで挑みましょうね。

おわりに|チェイスが下手な私のDBD生存術を公開!できないことをしなくて良い!

いかがでしたでしょうか、少しでも参考になれば幸いです。

チェイス以外にもDBDは貢献できますし、楽しいプレイは潜んでいます。

なので、チェイス出来ないからと言って「自分はDBD向いていないんだ」と遊ぶのを辞めないでください。

隠密が上手い生存者がいるから、発電機をがっつり修理してくれる生存者がいるから、チェイスが上手い人が輝けるんですよ。

あなたもチームの縁の下の力持ちとしてコソコソ輝きましょう。